[PR]

(23日、プロ野球 ソフトバンク5-1巨人)

 交流戦の優勝がかかった試合で、巨人のエース菅野は力を出しきれなかった。先頭打者にソロ本塁打を許し、以降も制球が定まらずに2四球。味方守備の乱れもあって、一回だけで4点を奪われた。

 二回、先頭の投手・和田に対して四球を与えたところで、原監督の堪忍袋の緒が切れ、交代となった。先発1回3分の0での降板は、プロ入り後最短。試合後、菅野は「見ての通りです」と肩を落とした。

 怒りが収まらないのは原監督だ。試合後の会見で交代のタイミングについて報道陣から問われると、「先頭にホームラン、四球、四球。リズムもへったくれもあったもんじゃない。立ち直りを期待したが、投手に対して四球。みんなで積み上げて優勝決定戦に持ち込んだのに、1人の投手に任せるわけにはいかない」と断じた。

 報道陣が続けて質問をぶつけようとすると、「(菅野)智之の件は、これくらいでいいんじゃないですか」と、遮った。チームとしては交流戦は11勝7敗と好調で、最大5・5差離れていた広島を逆転し、現在リーグ首位。しかし、エースには絶大な信頼を寄せているだけに、ふがいない投球に我慢がならなかった。(山下弘展)