[PR]

 女子ソフトボールの日米対抗戦は23日、第2戦が仙台市のシェルコムせんだいであり、日本は米国に2―7で完敗。通算成績は1勝1敗となった。日本は二回、江口(豊田自動織機)の適時打で1点を先取したが、その裏の投手陣が乱調。4長短打に6四死球が絡まり、一挙7点を失った。その後の打線は、北京五輪でも活躍した米国のアボット、オスターマンの前に相手失策による1得点にとどまった。

 最終戦は25日、東京ドームで行われる。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも