【動画】慰霊の日を迎え、沖縄は追悼ムードに包まれた
[PR]

 令和最初の沖縄慰霊の日は大雨となった。それでも沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の「平和の礎(いしじ)」には朝から多くの人が訪れ、花を手向けて手を合わせた。戦後74年が経っても、沖縄戦から続く基地問題に苦しむ沖縄。遺族たちは心を痛めながらも、平和への誓いを新たにした。

 沖縄戦などで亡くなった約24万人の名前が刻まれた黒御影石がびょうぶのように並ぶ平和の礎。那覇市の沢岻(たくし)正喜さん(80)は水や花を供え、静かに目を閉じた。6人家族で助かったのは自分1人だけ。小さな声でつぶやいた。「自分だけ生き残ってごめんね」

 西原町出身。米軍が迫ると一家で壕(ごう)に逃げたが、入り口で砲弾が炸裂(さくれつ)し、母と幼い妹はほぼ即死した。祖父と兄、弟の3人も大けがで動けず、その場に置いて親戚たちと南へ逃げた。当時6歳。「母が息を引き取る姿も鮮明に覚えているのに、泣いた記憶がない。兄たちと別れる時も何の感情もなかった。完全にまひしていた」

 沖縄本島南端の喜屋武(きゃん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら