[PR]

 第51回全日本大学駅伝の関東地区選考会(関東学生陸上競技連盟主催)が23日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで開かれ、1位の東京国際大など5校が本大会への出場権を獲得した。東京国際大は初出場、明大は12大会連続13回目、早大は13大会連続25回目、日体大は2大会連続41回目、中央学院大は7大会連続13回目。

 昨年の全日本で8位以上の青学大、東海大、東洋大、駒大、帝京大、国学院大、法大、城西大はシードで出場権を持つ。関東は代表数7だが、関東学連は今回、正月の箱根駅伝で全日本シード校を除いた上位2校の順大(箱根8位)、拓大(同9位)に学連推薦で出場権を与え、選考会では残りの5校を選んだ。

 選考会には、エントリーした8人の1万メートル合計タイムで上位の20校が出場。各校8人が4組に分かれて1万メートルを走って合計タイムで競った。

 全日本大学駅伝は11月3日、名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮の8区間、106・8キロで行われる。

日体大、異例の体制で通過

 監督人事で混乱が続いた日体大が4位で選考会を通過した。1組で2位に入り、チームを勢いづけた山口は「後半にペースアップしてタイムを稼ぐ戦略通り」と満足そう。5月から横山部長が駅伝監督を兼務するという異例の体制となったが「チームのために走る雰囲気ができてきた。正選手でない人もまとまって応援するいい方向に進んでいます」。

こんなニュースも