[PR]

 サッカー元スペイン代表FWで、引退表明をしていたJ1鳥栖のフェルナンドトーレス(35)が23日、東京都内で記者会見を開き、現役最後の試合は8月23日に本拠の駅前不動産スタジアム(鳥栖市)である神戸戦になると明かした。

 引退理由について、「自分のベストの状態に到達できていないのではないか、という疑問があった。到達できないなら、今のレベルでサッカー人生を終えたいと思い、決意した」と語った。神戸戦を引退試合に選んだのは、「古くからの友人であるイニエスタと日本で対決できる。ビジャもいる」から。ともに、2010年ワールドカップ南アフリカ大会優勝や欧州選手権制覇を達成したスペイン代表時代のチームメートだ。

 引退後は、鳥栖のアドバイザーに就くという。「チームの組織改革、特に若手の選手育成に目を向けていきたい」と話した。