[PR]

女子ゴルフのニチレイレディス(千葉・袖ケ浦CC新袖 6548ヤード=パー72)

 女子ゴルフのニチレイレディスは23日、最終ラウンドが行われ、3位で出た鈴木愛が2週連続優勝と大会2連覇を果たした。5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算9アンダーで並んだ高橋彩華(さやか)とのプレーオフを1ホール目で制し、ツアー通算12勝目、今季3勝目。賞金ランキング首位に立った。勝みなみは通算イーブンパーの34位だった。

笑顔で攻め続けた

 最終組の3人が首位で並び、最終18番を迎えた接戦だった。比嘉がボギーで抜け、鈴木と高橋がプレーオフへ。初めて経験する20歳の高橋に対し、7回目のプレーオフとなる25歳の鈴木は笑っていた。「楽しんでやらないともったいない」

 1ホール目の18番パー5。ツアー初優勝を狙う高橋は緊張し、1打目で力んだ。木に当たるミスショットが響き、パーがやっと。鈴木は残り216ヤードの2打目、7番ウッドでグリーンをとらえた。バーディーを奪って2週連続の優勝を決め、また笑顔が広がった。

 苦しかった1日の転機は、11番パー3だった。ピンはグリーンの左手前。先の2人が広い右側へ打ったのを見て、腹をくくる。「自分も逃げたら、絶対に勝てない」とリスクの高い左側を狙った。グリーンを外したが、3メートルのパーパットを入れた。「そこから流れがよくなった。やっぱり攻める気持ちは大事だな」

 足首の痛みや連戦の疲れがあっても、笑顔は消えなかった。前週、日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長からこう励まされたという。「笑顔でやりなさい。笑顔で回ればいいことがある」。その教えを守った。

 「疲れているので、今日は8時に寝られたら」。そう言って会見を終えると、クラブハウス前には、ファンの長蛇の列。笑って優しくサインをした。この2週間でまた一つ、たくましさを増し、女子ゴルフ界を引っ張っている。(木村健一)