[PR]

(23日、高校野球南北海道大会 穂別0―49大谷室蘭)

 穂別は実力校の大谷室蘭に挑んだが、0―49で大敗した。エースの桜井亮太朗主将(3年)は「悔しい。でも、最後まであきらめないで戦えたと思う」と前を向いた。

 昨年9月の地震で3週間休校になり、秋の大会は出場辞退。桜井主将は「夏は単独チームとして出場して、町を元気付けたい」と、助っ人2人を含めた9人で試合に臨んだ。だが、相手打線を止められず無念の降板となった。

 試合前に「電気がつく、水道が出る、野球ができる。今まで当たり前のことは当たり前じゃないと学んだ」と話していた桜井主将。「仲間と楽しく野球ができた。大学に進学しても続けたい」と3年間を振り返った。(遠藤美波、深沢博)