[PR]

 トルコの最大都市イスタンブールの市長選のやり直し選挙が23日に投開票され、国政最大野党・共和人民党(CHP)のイマモール候補が勝利宣言し、当選を確実にした。エルドアン大統領率いる政権与党・公正発展党(AKP)から立候補した、ユルドゥルム前首相も敗北を認めた。

 AKPは、3月末に首都アンカラの市長選でもCHPに負けており、今回の敗北は与党の退潮傾向を印象づけた。今後の政権の求心力低下につながる可能性もある。

 アナトリア通信によると、開票率99%での得票率は、イマモール氏が54%、ユルドゥルム氏が45%。イスタンブール市内で記者会見したイマモール氏は、「今日の選挙はトルコの民主主義にとって大きなプラスだ」と話した。

 無効となった3月31日の市長選でわずか0・2ポイントだった両者の得票率の差は、今回大きく開いた。与党側にとっては、再選挙で傷口が広がった形だ。

 市長選がやり直しになった理由は、エルドアン氏をはじめとするAKP側が「不正があった」と異議を申し立てたためだった。これを受けて、5月6日に高等選挙委員会がやり直しを決めたが、有権者の間には「政権の圧力で選挙の公正さが損なわれた」との受け止めが広がっていた。

 トルコではAKP政権が2002年以来続き、なかでもイスタンブールは、1994年にエルドアン氏が前身政党から市長に当選して以来のAKPの牙城(がじょう)だった。しかし、近年のエルドアン政権の強権化に加え、インフレなど経済情勢の悪化も加わり、与党側には逆風が吹いていた。(イスタンブール=其山史晃、北川学)