[PR]

 文化財や史跡などを訪れると入手できる「文化遺産カード」。福井県内で唯一、配布されている美浜町のカードが7月2日から、6種類追加されて26種類になる。

 このカードは、NPO法人「古代邇波(にわ)の里・文化遺産ネットワーク」(愛知県犬山市)が、各地に残る文化遺産に親しむきっかけをつくろうと考案。表に文化遺産の写真、裏に遺産の概要や所在地などを記載している。カードになっている史跡や名勝、文化財などを訪れ、デジタルカメラやスマートフォンなどで写真を撮り、配布場所でその写真を見せると受け取れる。

 美浜町は2016年9月に配布を始めた。これまでに三方五湖や王の舞、国吉城址(じょうし)など、20種類のカードを用意している。

 今回追加するカードは、早瀬地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら