[PR]

 トルコの最大都市イスタンブールのやり直し市長選が23日に投開票され、エルドアン大統領が率いる政権与党・公正発展党(AKP)の候補が再び敗れた。盤石と思われてきたエルドアン政権の求心力低下につながる可能性もある。

 アナトリア通信によると、開票率99%での得票率は、国政最大野党・共和人民党(CHP)のイマモール候補が54%、AKP候補で前首相のユルドゥルム氏が45%。同じ顔ぶれで争われ、無効となった3月31日の市長選での得票率の差はわずか0・2ポイントだったが、今回は大きく開いた。与党側にとっては、再選挙で傷口が広がった形だ。

 エルドアン氏は23日夜、ツイッターの投稿でイマモール氏に祝意を表し、敗北を受け入れる姿勢を示した。イスタンブール市内で記者会見したイマモール氏は「今日の選挙はトルコの民主主義にとって大きなプラスだ」と話した。

 市長選がやり直しになった理由…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら