[PR]

 医薬部外品に定められているまつ毛パーマ用液を無許可で製造・販売したとして、兵庫県警は24日、神戸市東灘区渦森台4丁目の会社役員、山岡正敏容疑者(53)を医薬品医療機器法違反容疑で逮捕し、発表した。県警によると、頭髪用パーマ液を「まつげパーマ液」として別の容器に移して販売していたとみられる。

 生活経済課によると、山岡容疑者は昨年11~12月ごろ、製造販売に厚生労働相の許可が必要なパーマ液を含むまつ毛パーマ用品一式5セット(販売価格計約1万6千円)を無許可で製造し、県内の女性5人に販売した疑いがある。容疑を認めているという。

 山岡容疑者は「内外治療院」の名称で製造販売会社を経営。同課によると、2016年1月~今年2月にこのパーマ用品一式を約11万8千セット販売し、約3億2千万円の売り上げがあった。兵庫県薬務課に昨年5月、「パーマ液で炎症を起こした」との相談があり、県警が捜査していた。