[PR]

 広島電鉄に残る被爆電車3車両のうち、「653号」の特別運行が7月に始まる。8日間の計16便で事前申し込みが必要。応募締め切りは7月5日。

 江波付近で被爆して大破した653号は、1945年末に修復されて走り続けたが2006年に引退。15年、広電と中国放送(RCC)の共同企画で、原爆投下前と同じ灰色と青色の塗装が再現された。普段は車庫にあるが、平和学習のため、夏に特別に運行する。

 7月20、21日、8月3、4、9、10、12、17日の午前10時半発と午後2時発。広島駅から原爆ドーム前経由で広電西広島で折り返し、ドーム前で下車。各回定員25人で、応募多数の場合抽選。大人500円、小学生~高校生200円。RCCのホームページ(http://rcc.jp/tram/別ウインドウで開きます)で申し込む。問い合わせはRCC視聴者センター(082・222・1155、平日午前10時~午後5時)。(宮崎園子