[PR]

 「やりがいだけでできる仕事じゃない。続かんし、人も入ってけえへん」。県中部で介護福祉士として約15年間働いている男性(33)は自身の仕事をそう話した。

 男性が勤める施設は主に要介護3~5の高齢者ら約80人が利用する。認知症の人たちも抱え、入浴や食事など日々の世話をしている。介護職員はパートも含めて約60人。利用者20人を職員4人ほどで見ている。

 慢性的な人手不足が続いている。月4~5回ある夜勤は1人で利用者20人を担当する。仮眠はほとんどとれない。「理性を保つのがすごく大変。眠気が限界を超えていたらきつい言葉になってしまう。気をつけてはいるけど……。限界の中でやっている」

 土日に出勤すると、平日に代休…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら