[PR]

 立憲民主党が24日、内閣不信任決議案の提出方針を野党各党に伝えた。参院選に向け安倍政権への対決姿勢を明確にする狙いだ。だが、提出には立憲の枝野幸男代表が一度は消極姿勢を見せ、野党内に異論もくすぶる。安倍晋三首相の外交日程への配慮から強硬策も回避され、弱含みだ。

 「衆参ともに安倍政権に対する意思を明確にするべきだと感じた」。立憲の福山哲郎幹事長は24日、野党5党派の幹事長・書記局長会談で衆院への内閣不信任案提出を提起した。

 共産党の小池晃書記局長は「安倍内閣は不信任に値する」と応じた。一方、国民民主党の平野博文幹事長は「重い判断だ」と述べたものの、党内で協議する考えを示すにとどめた。

 野党内には、内閣不信任案提出が衆院解散を誘発するとの懸念がある。特に支持率低迷にあえぐ国民議員にはその危機感が強く、不信任案提出に慎重な意見もあった。玉木雄一郎代表は23日、「まだ解散の可能性がゼロではない。不信任案を出す以上は政権構想を示す必要がある」と述べ、提出の「前提条件」にまで言及していた。

 内閣不信任案は、通常国会の会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら