[PR]

【アピタル+】患者を生きる・眠る「子どもの無呼吸」(治療や発達への影響)

 十分に眠れないと、起きている時間に集中力が続きませんが、忙しくなるとつい睡眠時間を削ってしまいがちです。ただ、子どもの場合は深刻で、十分に眠れないと発達に影響することが、国内外の研究で指摘されています。子どもの睡眠障害の治療や発達との関係について、大阪大学連合小児発達学研究科長で小児科医の谷池雅子さん(61)に聞きました。

 ――子どもの眠りに関する病気にはどんな種類がありますか。

 アデノイドや扁桃(へんとう)が大きくなることなどが原因の「睡眠時無呼吸症候群」があり、15歳未満の1~4%ほどいるとされています。

 他にも足がむずむずして眠れない「レストレスレッグス症候群」の子も2~3%いるとされています。私たちの研究では子どものレストレスレッグス症候群には鉄剤が有効という結果が出ています。

 他にも、3歳未満の乳幼児の「不眠」もあります。夜中に何度も目が覚めて泣きます。夜にドライブをしないと眠れない、抱っこしないと眠れない、どんどん親が疲れてしまいます。海外では行動療法による治療が進んでいるようです。

 ――睡眠が不足するとどんな症状が出ますか。

 睡眠が足りないと、大人は昼間に眠気を訴えますが、子どもは睡眠の質は良いので、昼間の眠気まではでないことが多いとされています。そのため、多くの子で睡眠障害が見逃されていると考えられています。眠りが十分にとれないと、集中力が続かない、イライラしやすい、落ち着きがないといった注意欠陥・多動性障害(ADHD)と似た症状が出ると報告されています。

 ――睡眠が少ないと発達にはどういった影響がありますか。

 2歳半のときの睡眠が7~8時間の子どもは、10時間ほど寝る子どもに比べて6歳のときの多動が3倍に増えたり、いびきをかく子どもは4年後の多動のリスクが4~5倍になったりするという海外の論文があります。別の海外の論文では、13~14歳の公立中学校の生徒を対象に、幼少期のいびきの大きさと頻度を尋ねたところ、いびきの程度が大きいと学業の成績が良くないという結果もあります。

 ――子どもの睡眠時無呼吸はなぜ起きるのですか。

 主な原因はアデノイドと扁桃が大きくなることです。小学校に入る頃まで自然と大きくなるため、その頃が最も無呼吸になりやすいとされています。また、あごが小さくて骨格に原因がある場合は、0歳からでも無呼吸になることがあります。重症の場合は食べられなくなって亡くなることもあります。

写真・図版

 ――どういう治療法がありますか。

 まずはアデノイドと扁桃を切除する手術を考えます。アデノイド肥大ではなくあごが小さいことが原因なら、大人で使うCPAPというマスクをつけて空気を送り込む方法があります。大阪大では生後6カ月の子にCPAPをしたケースもあります。マスクを嫌がる子も多く、治療に必要であることを保護者に理解してもらうことも重要な治療です。

アデノイドや扁桃を切除する子どもの手術
全身麻酔による手術で、7~10日間程度の入院が必要となる。出血などのリスクがある。3歳未満では麻酔による合併症のリスクが高まるため、小児の専門病院で手術を受けるのが一般的だ。睡眠を改善すると、身長が伸びたり体調が良くなったりする。熱を出すことが減ったり、心の落ち着きが出たりすることも期待できるという。

 ――治療するとどういう効果が期待できますか。

 いびきや無呼吸の原因になっているアデノイドや扁桃を切除すると、落ち着きが出ることで、攻撃性があるといった問題行動が約半数で減ると考えられています。身長がのびたり、体調が良くなったりすることも期待できます。

 いびきをかいていいのは、ものすごい疲れたときやかぜをひいているときだけです。週の半分はいびきをかいている場合は、家で子どもの寝ている姿をビデオで撮るなどして、早めに小児科に相談してください。大人も同じですが、子どもも睡眠がとても大事です。

 

 ◇ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・眠る>

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/(聞き手・後藤一也)