愛知)1年9カ月ぶりにサテライトギャラリー 県芸大

有料会員記事

松永佳伸
[PR]

 愛知県立芸術大学(長久手市)のサテライトギャラリー「SA(サ)・KU(ク)RA(ラ)」が、名古屋市東区東桜1丁目に開館した。同大学が所蔵する芸術作品を展示するほか、教員や学生らが研究や教育の成果を発表する場として活用するという。7月28日まで開廊記念展が開かれており、横山大観藤田嗣治の作品などが展示されている。

 ギャラリーの名称は、「サテライト」や「愛知」「アート」、研究や資料などの宝物をここから発信する拠点としての「蔵」、地名の東桜など、いろいろな言葉の頭文字などを組み合わせて名付けた。市中心部の新たな芸術発信の拠点としての役目を担う。

 同大学によると、以前、中区栄にあったサテライトギャラリーは1年9カ月前に契約期間が切れたため閉鎖され、新たな場所を探していた。

 展示スペースの広さは約70…

この記事は有料会員記事です。残り256文字有料会員になると続きをお読みいただけます。