[PR]

 安倍晋三首相が、芸能人とSNSでの「共演」を重ねている。自身のツイッターや首相官邸のインスタグラムに記念写真を積極的にアップ。「イメージ重視」の発信で、参院選の公示を4日に控え、若年層へのアプローチを意識しているのは明らかだ。こうした手法に批判の声もあがっている。

 主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)直前の6月27日、首相がツイッターにアップしたのは、金びょうぶの前でアイドルグループ「関ジャニ∞」の村上信五さんと満面の笑みを浮かべたツーショット写真。開催地の大阪で、村上さんのラジオ番組の取材を受けたという。直前にインドのモディ首相と会談した部屋だ。

“刺さる”ハッシュタグ、拡散に一役

 官邸のインスタグラムには、関ジャニ∞の人気曲「ワッハッハー」にちなみ、「#シンゴと#シンゾーで#ワッハッハー」とハッシュタグを添えて投稿。ファンに“刺さる”巧みなタグに、「最高すぎる」とコメントが相次いだ。

 6月6日は首相公邸で吉本新喜劇のメンバーと面会し、官邸のインスタグラムで生配信。5月には東京都内でアイドルグループ「TOKIO」とピザ店で食事をしたほか、俳優の高畑充希さん、大泉洋さんを公邸に招いて夕食を共にした。

 芸能人との華やかな写真は、普段は安倍首相のツイートを目にしない層にも届く可能性が高い。

 安倍首相がTOKIOとの食事の際の記念写真を添えたツイートを、朝日新聞が米クリムゾン・ヘキサゴン社のソーシャルメディア分析システムを使って分析したところ、このツイートは翌13日までに3460万の利用者に届いたと推計された。

 このツイートは6・6万件リツイート(転載)されている。このうち1千アカウントを無作為で抽出したところ、今年1~4月にも首相のツイートをリツイートしているのは346アカウントにとどまり、6割超は普段はリツイートをしていないことがうかがえる。今回の拡散に「寄与した」と判定されたアカウントには、平時に多い右派系の有識者はおらず、幅広い層に拡散したとみられる。

 インスタのフォロワーが233万人いる高畑さんが首相とのセルフィー(自撮り)を投稿すると、「政治利用されている」と批判のコメントが書き込まれる一方、26万件超の「いいね」が集まった。

「新聞読まない層」にリーチ、首相のこだわり

 なぜSNSでの発信に力を入れるのか。

 一つは支持層固めだ。第2次安…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら