[PR]

 刑務所に収容される前に刃物を振り回して逃げた無職小林誠容疑者(43)=神奈川県愛川町=をかくまったとして犯人蔵匿容疑で逮捕された男が、小林容疑者について「共通の知人に頼まれた。助けたかった」と供述していることが神奈川県警への取材でわかった。小林容疑者の逃走前は面識がなかったとも説明しているという。県警は、複数の知人が何らかの形で逃走に関わっているとみている。

 男は幸地(こうち)大輔容疑者(38)。県警によると、23日午前2時50分ごろから同6時35分ごろまで、小林容疑者に逮捕状が出ていることを知りながら、同県横須賀市森崎4丁目の自宅アパートにかくまった疑いがある。

 捜査関係者によると、アパートの部屋には、両容疑者のほか、数人の女性がいた。覚醒剤を使うためとみられる注射器も見つかったという。

 小林容疑者は、19日午後の逃走開始後、暴力団関係者を含む相当数の知人に電話をかけ、逃走への協力を依頼していた。県警も、こうした知人に対して、捜査に協力するよう依頼。21日には大和市の男性から、22日夜~23日未明には暴力団関係者の男性から「小林容疑者から電話がかかってきた」との情報提供があり、小林容疑者の身柄の確保につながった。

 アパートは小林容疑者の自宅か…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら