写真・図版

[PR]

患者を生きる・眠る「子どもの無呼吸」(5:情報編)

 「睡眠時無呼吸症候群」は大人の病気と思われがちだが、子どもにも1~4%いるとされる。だが、子どもの多くは見逃されているのが現状だという。

 大人の場合は肥満や加齢が大きな原因だが、子どもは免疫に関係する組織のアデノイドと扁桃(へんとう)が肥大化し、のどの空気の通り道を狭くしていることが原因の場合が多い。あごが小さい子どもも無呼吸になることがある。

 アデノイドと扁桃は5~6歳ご…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら