[PR]

 吉本興業の所属タレントが振り込め詐欺グループの宴会に参加していたとされる問題で、同社は24日、詐欺グループから金銭を授受していたとして「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)や「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)、レイザーラモンHGさん(43)ら計11人を、同日付で当面の間、謹慎処分にすると発表した。

 宮迫さんや田村さんらはこれまで金銭を受け取っていないなどと否定していたが、同社のその後の調査で11人全員、金銭授受の事実があったと認定した。同社は「今回の事実確認結果は、重大な問題であると考え、今回の処分に至り、弊社としてもその責任を痛感するものであります」としている。

 宮迫さんは「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております。相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです」などとコメントを発表。田村さんは「金銭の受け取りがございました。自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます」などとコメントした。

 同社によると、11人は、カラ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら