[PR]

 女性が接客時などに履く靴について、多くの企業がヒールの高さなどの規定を設けていることが、朝日新聞の取材で分かりました。そのことを報じたところ、かつて航空会社に勤めていた女性から「自分も靴で苦しんだ」という体験談が寄せられました。

 航空会社の地上職や客室乗務員の仕事は接客だけではありません。乗客の安全を守るための行動も求められますが、足元に不安や苦痛を抱えている女性職員は少なくないようです。そんななか、「実用性重視」で制服にスニーカーを採用する航空会社も現れました。体験を寄せていただいた女性と航空会社に取材し、航空業界と女性の靴について考えました。ご意見や体験を(keizai@asahi.comメールする)にお寄せください。

ヒールでダッシュ

 体験談を寄せてくれたのは30代の女性。国内の航空会社で10年間、空港カウンターでの搭乗手続きや乗客案内を担うグランドスタッフとして働いていました。

 職場では、ヒールの高さが3~7センチある黒いパンプス(足の甲の部分があいた靴)を履くと定められていました。パンプスには、足首にストラップがついた脱げにくいタイプもありますが、職場で履くことは認められませんでした。

 空港で働く華やかなイメージとはうらはらに、仕事は「完全な肉体労働」だったといいます。1回あたりの勤務は6~10時間で、早朝や深夜の勤務も回ってきます。勤務中は基本的には立ちっぱなしです。

 乗客の荷物の積み下ろしをすることも多くありますが、サーフボードや楽器などの大きな荷物を床につけないよう、「足の甲に載せることもあった」といいます。

 走ることもしょっちゅうです。出発ぎりぎりの搭乗となった客と一緒に搭乗口まで走ったり、子どもだけでの搭乗に付き添う際に突然走り出す子を追いかけたり、雨の中、駐機場所まで走ったり。「よくパンプスが脱げて、お客様に拾ってもらったこともありました」

転んで骨折「本人の不注意」

 乗客の安全を脅かしかねないと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら