[PR]

 大阪市で28、29日に開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で爆破予告をしたとして、大阪府警は同府豊中市内のアルバイトの男(73)を威力業務妨害容疑で逮捕し、24日発表した。男は「やっていない」と容疑を否認しているという。

 豊中南署によると、男は22日午後0時40分ごろ、豊中市内の路上の公衆電話から、大阪市住之江区の大阪府咲洲庁舎にある「G20大阪サミット関西推進協力協議会」の事務局に電話し、「サミット当日に爆弾仕掛けるから」と告げて、事務局職員らの業務を妨害した疑いがある。

 公衆電話で「爆弾」と大声で叫んでいる男の姿を目撃した通行人が110番通報し、立ち去るところをスマートフォンで撮影していたことなどから、男が浮上したという。