【動画】2026年冬季五輪、ミラノとコルティナダンペッツォで
[PR]

 札幌市が招致を断念した2026年冬季五輪の開催地選びで、国際オリンピック委員会(IOC)は裕福な「都市力」の安心感を選んだ。IOCは24日、スイス・ローザンヌで総会を開き、ミラノとコルティナダンペッツォを中心とするイタリアでの開催に決めた。委員の投票で、ストックホルム・オーレ(スウェーデン)を47票対34票で破った。イタリアでの冬季大会開催は、1956年コルティナダンペッツォ、2006年トリノに続き、3度目となる。

 両候補の一騎打ちとなった26年冬季五輪招致。5月に発表されたIOCの評価委員会の報告書ではイタリア勢の優位は明白だった。

 IOCの独自調査による地元の支持率でイタリアは83%と、スウェーデンの55%を大きく上回った。イタリアの国家財政は火の車だが、ミラノとコルティナのある州二つをあわせた名目GDPは、スウェーデンの国家全体を上回り、この2州は全面支援を約束していた。

 ただ、斬新さを感じない選択で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース