[PR]

 新潟県庁と県警本部(いずれも新潟市中央区)の屋内が、全面禁煙となる。受動喫煙防止策を強める改正健康増進法の7月1日施行にあわせた措置で、屋外の喫煙所も移設する。

 県管財課によると、改正健康増進法は、不特定多数が集まる施設を原則禁煙とする。まず、学校や病院など公共性の高い施設について7月1日に施行され、ホテルや事務所などの施設に関しては来年4月1日に施行される。

 県庁(行政庁舎)と県警本部(警察庁舎)に計15カ所ある屋内喫煙所は廃止し、庁舎出入り口にある屋外喫煙所は一般来庁者の立ち入りが少ない場所に新たに設ける。県によると、教育委員会や県警本部などを除く知事部局の職員の喫煙率は15・3%という。

 一方、県議会内には喫煙所が2…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら