[PR]

 玉城デニー知事は24日に沖縄県庁で記者会見し、昨年の知事選で公約に盛り込んだ重要政策について有識者の意見を聞く「万国津梁会議」の人材育成・教育・福祉・女性の分野で、7月25日に児童虐待に関する会議を立ち上げることを発表した。制定を目指す「児童虐待防止条例(仮称)」の基本理念も議題の一つとなる予定。条例は年度内の制定を目指す方針も示した。

 玉城知事は「県内は子どもの貧困、DV相談件数の多さなど深刻な状況で、それらが児童虐待の背景となることも指摘されている。委員の皆さんには現状を踏まえた課題や対応策などについて議論をお願いしたい」と述べた。本年度は2~3回程度の会議を開き、①児童虐待が発生する要因と予防②早期対応と親子への支援③児童虐待防止のための関係機関との連携④体罰防止―の在り方について議論する。

 発表された委員は県内外の6人。兵庫教育大学の海野千畝子教授、日本心理研修センターの村瀬嘉代子理事長、琉球大学教育学研究科の上間陽子教授、沖縄国際大学総合文化学部の比嘉昌哉教授、沖縄国際大学総合文化学部の野村れいか講師、美ら島法律事務所の横江崇弁護士。(沖縄タイムス)