[PR]

ごはんラボ コールスロー

 旬の野菜を食べたい。でも使い切れるかどうかを考えて手が伸びない。そんなとき、1種類をたっぷり食べられて、残り野菜でも作れるレシピが重宝します。切る、ゆでるなど基本の調理法のコツと共に、3回シリーズで紹介します。

 まずは、出盛りの春キャベツだけで作るコールスローです。みずみずしさと甘みを直球で楽しめて、翌日まで置いておける。ゆでたソーセージとパンにはさんでホットドッグにしても格別です。

 キャベツを細く切るのに尻込みするかもしれませんが、バリバリかじってもおいしいので、切り方に理想はあっても失敗はありません。口に入れた時にしっとり感じる幅3~4mmは、トンカツのキャベツの1~2mmよりずっと太め。スピードを気にせずに、まずはどう切れているか、目で確かめることが、上達のポイントです。

 味付けはマヨネーズをベースに酢で全体を引き締めて、少量の砂糖をプラス。とんがらない味わいです。(編集委員・長沢美津子)

写真・図版

監修・料理:渡辺あきこ

調理科学 :香西みどり

【材料(4人前)】

□春キャベツ 300g

 (半分~3分の1個)

□塩 小さじ半分

□マヨネーズ 大さじ3

□酢 小さじ2

□砂糖 小さじ半分

□コショウ 少々

【使う道具】

□布巾と包丁とまな板

□ボウル

□ざる

□菜箸

【作り方】

①キャベツを切る準備。調理台の手前に固くしぼったぬれ布巾を置いてまな板を載せる。これでまな板が滑らず安定する。まな板に対して正面を向き、包丁を持つ側の足のつま先を、少し外に向け後ろに引いて立つ。

②キャベツの白い芯を切り取る。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら