[PR]

 過去に起きた地震や土砂崩れなどを伝える「自然災害伝承碑」。昨夏の西日本豪雨を機に、国土地理院が今月からウェブ版の地図への掲載を始めた。碑の場所や災害の概要を紹介し、地域住民の防災意識を高めるのがねらいだ。広島県内ではこれまでに、広島市と坂町の22基が公開されている。

 伝承碑の記号は、地理院が新たに作成。ウェブ版の地図上に示された記号をクリックすると、石碑やモニュメントの写真や、被害の概要などが表示される。

 作成のきっかけは、西日本豪雨だ。

 大きな被害を受けた坂町の小屋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら