[PR]

 4年に一度のスポーツの祭典を目指して国内外から集った人々が、東京の空高くに浮かぶオブジェを見つけ、「あれは誰の顔?」とささやく――。東京五輪・パラリンピックが開かれる来夏、そんな驚きの光景を作りだそうというアートプロジェクトが進められている。

 このプロジェクトは、「大地の芸術祭」(新潟県)や各地で作品を発表している現代アートチーム「目」が企画し、オリンピック・パラリンピック大会に向けた東京都の文化プログラムの公募で選ばれた。

 巨大なオブジェにして空に浮か…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら