[PR]

 気候変動も主なテーマの一つとなる主要20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、機関投資家や環境NGOが、議長国を務める日本の石炭火力発電に厳しい目を向けている。温暖化対策の国際ルール「パリ協定」の実現に向けて多くの先進国が「脱石炭」に踏み切る中、日本は主要7カ国で唯一、石炭火力の新増設の計画が多くあるからだ。

 石炭火力発電の建設計画がある神奈川県横須賀市で26日午後、環境NGOが横断幕を掲げ、計画への反対を訴えた。

 気候変動対策に積極的な計470あまりの機関投資家が参加する複数のグループは24日、G20首脳会議の議長である安倍晋三首相に温暖化対策の強化を求める手紙を、連名で送った。「日本の大手企業が国内外の石炭火力への融資や開発計画を減らすのを、投資家は歓迎する」などと訴えている。

 持続可能な社会を目指す世界の財団など56団体による「F20」も13日、「G20は石炭などを段階的に廃止すべきだ」との報告書を発表した。

■日本政府 石炭火力、全廃時期…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら