[PR]

 名古屋市北区の路上で24日夜、男性2人が男に刃物で刺され、ともに出血性ショックで死亡した。愛知県警は25日、現場近くに住む同区西味鋺(あじま)1丁目、無職佐藤俊彦容疑者(38)を殺人容疑で緊急逮捕した。佐藤容疑者は黙秘しているという。

 死亡したのは現場近くに住む会社員赤松英司さん(41)と愛知県大府市若草町3丁目、会社員小笠原智之さん(44)。

 北署によると、佐藤容疑者の逮捕容疑は、24日午後10時半ごろ、名古屋市北区西味鋺1丁目の路上で、小笠原さんの胸などをナイフで数回突き刺して殺害したというもの。署は赤松さんの殺害についても調べている。赤松さんと小笠原さんは胸や腹などを複数刺され、病院に搬送されたが、ともに出血性ショックで死亡が確認された。2人はビルメンテナンス会社の同僚だという。

 事件直前、現場で男性らが大声を出してもみあう姿が目撃されており、署は死亡した2人と佐藤容疑者に何らかのトラブルがあったとみて捜査している。