[PR]

 トランプ米大統領は24日、米ホワイトハウスで記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対して親書を送ったことを認めた。トランプ氏は「彼(正恩氏)は私の(6月14日の)誕生日の祝意を表してくれた。(私と正恩氏の)どちらもとても友好的な手紙だった」と述べ、正恩氏からの親書への返信だったことを明らかにしたうえで、「我々の関係はとても良好だ」と強調した。

 トランプ氏から正恩氏への親書をめぐっては、23日の北朝鮮の朝鮮中央通信がトランプ氏から親書が送られてきたと報じた。正恩氏は親書を読み、「(親書の)興味深い内容について慎重に考えてみる」と述べたという。ただし、親書の内容には触れていない。

 一方、米国務省は24日、ビーガン北朝鮮政策特別代表が27~30日に韓国を訪問すると発表した。トランプ氏の訪韓前に韓国政府当局者との会談を予定している。(ワシントン=園田耕司)