[PR]

 あれ? もう決まったの? 今夏に予定される参院選が近づく中、栃木県内では「7月21日投票日」と表示された候補者のポスター掲示場が設置され始めた。複数の市町の選挙管理委員会が「決まってからでは間に合わない」と独自に判断し、有力視される日程で設置したという。

 「7月21日投票日」の掲示板を出したのは日光市や小山市など。数日前から設置を始めた小山市選管は「業者と協議したが、決定を待っていては間に合わないということだった。最も可能性が高い日付を入れた」と説明した。投票日が違った場合は、正しい日付のシールを貼って対応するという。

 栃木市は「21日」をシールで覆って設置した。正式に決まった後にはがす。鹿沼市は日付を空欄にしておいて、決まった後にシールを貼るという。

 栃木県選管によると、県内に設置する掲示板は5877カ所。設置時期については特に規定がない。表示した日程と違った場合について「規定は特段ないが、日程は決まったことではないので、日程が違った場合はくれぐれも誤解が生じないように周知を図っていただきたい」としている。

 掲示板を見ていた日光市の男性は「日付が入っていたので驚きました」と話していた。(津布楽洋一、梶山天)