[PR]

 ラグビー日本代表の大黒柱に実戦復帰の光がさしてきた。恥骨炎で別メニューで調整を続けていた主将のリーチマイケル(30)=東芝=が24日の実戦形式の練習に参加し、「ケガの状態はいい。体力をつけて試合に出る準備をしたい」と語った。

 24日は午後から行われた攻撃と防御を休みなく交互に繰り返す15対15の練習を約45分間、フル参加。非公開だった午前中は全力で当たるタックル練習も解禁するなど、ジョセフヘッドコーチ(HC)が「試合よりも強度が高い」と語る密度の濃い練習をこなした。

 リーチは「タックル練習の後、ファンにサインをしていて背中がつった」。他の選手より調整遅れで持久系のメニューが減らされていたこともあり、「フィットネスのレベルが他の選手とまったく違う」と語ったが、体の悲鳴を振り返る姿も、どこかうれしそうだった。

 春から股関節周辺の痛みとつき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも