[PR]

 福岡市は25日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って、道路や公園といった公共施設の破損、ごみの投棄などを見つけた市民から通報を受けるサービスを始めた。早期の修復や職員の負担軽減につなげる狙いもある。

 通報にはLINEの市の公式アカウントへの登録が必要。通報画面で「道路」「河川」「公園・緑地」などを選び、発見した日時と場所、撮影した写真を送る。市が管理する施設やインフラの場合は修復するなどし、状況をホームページに掲載する。国や福岡県が管理する場合は内容を伝える。

 市によると、道路や公園の不具合などに関する通報は年間約1万9千件あり、電話や窓口で受けてきた。政令指定市では初めての取り組みで、通報内容が自動で担当部署にメールで振り分けられるため、職員の負担軽減にもつながると期待する。

 この日はサービスの体験会があ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら