[PR]

 首脳人事をめぐる混乱が続く住宅設備大手、LIXILグループの株主総会は、株主による質疑が終わった後、議案の採決に入った。総会に出席した株主の議決権行使の集計作業のため、午後1時40分から休憩に入った。

 採決にあたって、株主は会社側、株主側の計16人の取締役候補の名前が書かれたマークシート方式の投票用紙に賛否を記入したという。この集計が長引いており、再開は午後3時40分の見通しだ。