[PR]

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)で日本女子代表(なでしこジャパン)は25日(日本時間26日午前4時開始)、決勝トーナメント1回戦でオランダと対戦する。2017年欧州選手権を制した強敵は選手の運動能力が高く、攻撃のスピードが速い。日本はそんな欧米勢に対抗するため、新たなトレーニングを重ねて力をつけてきた。その真価が問われる。

 16年4月に高倉麻子監督(51)が就任してから、選手にスプリント能力を高めるトレーニングを導入した。その目標値は明確だ。「各選手のスプリント力を1%~2%上げる」

 その年、代表に復帰した広瀬統一(のりかず)フィジカルコーチ(44)が本格的に器具を使うフィジカルトレーニングで筋力アップを目指した。

 代表活動のない期間は週1、2回、スクワットやおもりをつけて体幹トレーニングをして、おしりや股関節周りを鍛えた。広瀬コーチが個別に指導した選手もいる。

 この結果、選手平均の10メートル走は16年12月に1秒86かかっていたが、18年1月には1秒82秒に短縮。「平均で1%から1・4%上がった」(広瀬コーチ)と、目標をクリアしてきた。

 新しいトレーニングを採り入れ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら