[PR]

 国会の裁判官訴追委員会(委員長・田村憲久衆院議員)は、25日の委員会開催を見送った。この日はツイッターの投稿内容をめぐって最高裁から戒告処分を受けた岡口基一裁判官(53)=現・仙台高裁=について、裁判官弾劾(だんがい)裁判所への訴追の可否を議決する予定だったが、内閣不信任決議案が提出された国会情勢を考慮した。今国会は26日に閉会する見通しで、議決は秋の臨時国会以降に持ち越しになるとみられる。

 関係者によると、調査を付託された小委員会は今月17日に議論を終えており、25日の訴追委で議決する予定だった。小委員会では「訴追猶予」とする意見が最多だったという。