[PR]

 剣山山系の三嶺(みうね)(1894メートル)の登山道修復に向け、徳島県はふるさと納税型のクラウドファンディングによる寄付を募集している。

 剣山国定公園西部の三嶺は、ミヤマクマザサやコメツツジの群落が国の天然記念物に指定されるなど四国で最も美しい山と呼ばれる。剣山からの縦走で頂上を目指すことができ、登山者にも人気がある。しかし、登山道は長年の風雨で損傷が進み、シカの食害もあって土壌の浸食や土砂の流出が進んでいるという。

 このため、県は五つの登山ルートのうち、三好市東祖谷名頃からの初心者向けルートの標高1500メートル付近を修復する。風雨や登山者の利用による荒廃が著しい数カ所を角材で階段状に整備する。また、土壌の浸食や土砂の流出が進んでいる場所は、天然のヤシ繊維など環境に配慮した素材のネットを敷いて、山腹の安定と植生の回復を図るという。

 寄付は、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」(https://www.furusato-tax.jp/別ウインドウで開きます)で8月末まで募集している。目標額は100万円。目標を達成できなかった場合も、寄付額の範囲で事業を実施する。問い合わせは県西部総合県民局保健福祉環境部(0883・53・2060)。(福家司)