[PR]

 1日公表の愛知県内20税務署管内の最高路線価は、新城を除く全地域で上昇(15カ所)か横ばい(4カ所)になり、昨年と比べた変動率の平均値は2・2%(昨年1・5%)で7年連続上昇した。名古屋・栄や金山の上昇が際立ち、人と金の都市部への集中がうかがわれる。好調な自動車産業を背景に刈谷や豊田などの上昇基調も強い。

 最も高かったのは名古屋市中村区名駅1丁目で、1平方メートル当たり1104万円(上昇率10・4%)。県庁所在地別で東京、大阪市、横浜市についで全国4位だ。

 オフィス仲介の三鬼(みき)商事名古屋支店によると、名駅地区の5月の空室率は1・21%で、名古屋のビジネス地区の平均(2・11%)を下回り、ほぼ空きがない状況だ。川口真弥支店長は「JRゲートタワーなど高層ビルの建設が相次いだのに空室が少ない。名駅に進出したくてもできず、周辺への出店を検討する会社も少なくない」と話す。

 2027年には品川―名古屋を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら