[PR]

 取締役の人事が焦点となったLIXIL(リクシル)グループの株主総会は、瀬戸欣哉氏ら株主側が会社側に勝った。4時間半以上におよんだ総会は、採決にマークシートを使う異例の展開となった。昨秋以来の混乱は収束に向かうとみられるが、課題は山積みだ。

 株主総会には、前回の186人を大きく上回る629人の株主が足を運んだ。質疑後の議案の採決では、公平を期すためとして出席株主に会社側、株主側の計16人の取締役候補の名前が書かれたマークシート方式の投票用紙に賛否を記入するよう求めた。集計のため2時間の休憩の後、結果が報告された。

 株主総会の議案は、郵送やネットでの投票によって結果が総会前に決まるケースも多い。今回、会場でマークシートが用いられたのは、事前の投票では白黒つけられないほどの接戦になったためとみられる。

 「賛成過半数で承認、可決しました」。総会の進行役の山梨広一社長が可決された候補者14人の名前をすべて読み上げた。株主提案の8人全員が含まれていた。会場はどよめき、その後、大きな拍手に包まれた。

 8人のうち2人は会社側も重複…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら