[PR]

 25日午後4時50分ごろ、高知市重倉の市道で、同市の80代男性が運転する乗用車が歩行中や自転車に乗っていた小学3年から中学1年の児童・生徒計5人をはねた。5人は脚の打撲や擦り傷などを負ったが、いずれも軽傷で、命に別条はないという。

 高知東署によると、現場は中央線のない緩やかな左カーブ。男性の乗用車はカーブを曲がりきれずに直進し、道路脇を通行していた児童・生徒にぶつかったという。署は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いがあるとみて、運転していた男性から事情を聴いている。

 現場はJR高知駅から北へ約4・5キロの田園地帯。(湯川うらら)