[PR]

スポーツのミカタ

 プロ野球中日の松坂大輔投手(38)が現役続行を目指して新たな投球スタイルに挑戦している。かつては150キロを超える豪速球を誇ったが、ベテランの域に入り、「転換期が来ている」という。現在、右肩炎症で2軍調整中の右腕は、変化球を主体にした投球術を模索している。

 プロ21年目。右肩痛に苦しんだ松坂が目指すのが緩急を駆使した投球スタイルだ。「勢いのない今の直球をどう生かすのか。そのためにどう変化球を使うのか」をテーマに日々練習に取り組む。

 今月21日、ウエスタン・リー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも