[PR]

 岐阜県各務原市は25日、鵜沼東保育所(同市鵜沼東町)に通う9カ月の男児がノロウイルスによる脳症で死亡したと発表した。感染場所はわかっていないが、ほかの園児への感染は確認されていないという。

 男児は24日午前9時半ごろ、保育所での検温で37・9度の熱があったため帰宅させたが、午後3時ごろ救急搬送され、25日朝に死亡が確認された。

 同保育所は25日中に、発熱や嘔吐(おうと)、下痢の症状がある園児は登園を控えるよう保護者に一斉メールを送り、園内の消毒もしたという。市などは感染経路を調べている。