[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の秋田市への配備を巡り、県議会総務企画委員会は26日、配備反対に関連した請願1件を不採択に、4件を継続審査とした。最大会派の自民党が県議会の過半数を占めており、27日の本会議では委員会の判断を踏襲する見込み。

 5件の請願はいずれも、県議会や佐竹敬久知事に対して配備の反対を表明するよう求める内容。秋田市の個人や団体から、6月定例会で出された。

 採決では、自民党の4委員と、他会派の3委員の賛否が分かれた。県議会の意思表示を求める4件の請願について、みらい、社民党、共産党の各委員は「住宅地に近い新屋演習場を適当とする条件は到底なく、新しい安全対策も示されていない」「自治体にも市民の生命や健康、安全を守る責任がある」などと、採択を要求した。

 自民党委員からは意見が出なか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら