[PR]

 沖縄本島の南部や中部地方を中心に26日朝から激しい雨が降り続き、沖縄気象台と沖縄県は午前10時半現在、那覇市や浦添市など6市町に土砂災害警戒情報を出し、注意を呼びかけている。気象台によると、沖縄の南にある熱帯低気圧は26日夜に沖縄地方に接近し、24時間以内に台風になる恐れがある。

 熱帯低気圧は午前9時現在、沖縄の南にあって時速25キロで北に進んでいる。中心の気圧は1004ヘクトパスカルで、最大風速は15メートル。沖縄本島には26日夜に最接近する見込みで、多い所で1時間に50ミリの非常に強い雨が降る恐れがある。気象台は27日午前6時までの24時間雨量は、多い所で180ミリに達すると予想している。(伊東聖)