[PR]

 不動産投資向け融資で不正が多数発覚したスルガ銀行の株主総会が26日、本店を置く静岡県沼津市内で開かれた。開始直後から有国三知男社長への「やめろ」コールが湧き起こる中、有国社長以外の役員が交代する新体制が正式に決まった。

 沼津市内の会議施設には数百人の株主が詰めかけた。総会は午前10時、冒頭から手拍子と大合唱に包まれ、異様な雰囲気で始まった。スルガ銀の融資でシェアハウスなどを買い、返済困難となった物件オーナーの株主も200人ほどいたという。

 出席者らによると、有国社長が総会の議長を務め、業績や不正の再発防止策などを説明した。だが、

 「有国(社長)、やめろ!」

 「議長(有国社長)は交代しろ!」

 延々と続くそんな怒号でほとんど聞き取れなかったという。スルガ銀を支持する株主も一定程度はいたが、批判的な株主の声のほうが大きかったようだ。

 有国社長が不正の責任を問われ、株主から損害賠償請求訴訟を起こされていることもあり、「議長の交代」を求める声は多かったが、いずれも有国社長が退けたという。

 質疑の時間になると、怒号はいったん収まった。

 静岡県内の事業者だという株主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら