[PR]

 名古屋市北区西味鋺(あじま)1丁目の路上で24日、近くに住む会社員赤松英司さん(41)ら2人が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された無職の佐藤俊彦容疑者(38)が事件の際、赤松さんをしつように襲撃していたことが、愛知県警への取材でわかった。佐藤容疑者と赤松さんとの間には近隣トラブルがあったといい、強い殺意を抱いていたとみられる。

 県警によると、司法解剖の結果、赤松さんの遺体には胸や腹、背中など広範囲に多数の刺し傷があり、臓器に達するものも複数あった。赤松さんの同僚でともに死亡した小笠原智之さん(44)=愛知県大府市=の遺体に比べると、傷の数も格段に多いという。

 赤松さん宅があるマンションは、佐藤容疑者宅から見て道路を挟んだ向かいにある。捜査関係者や近隣住民によると、周辺に集まる猫の管理方法や、赤松さんの車への嫌がらせなどを巡って、2人の間に確執があった。事件直前、佐藤容疑者は赤松さんらと口論する中で、日頃の不満などをぶつけられて激高したとみられる。

 県警は26日、佐藤容疑者を小笠原さんに対する殺人容疑で送検した。