[PR]

 刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する香港の若者ら1千人超が26日夜、香港島中心部にある警察本部を再び包囲した。警察本部が包囲されるのは21~22日以来。若者らはこれまでの警察の強硬姿勢に不満を募らせており、抗議活動が続いている。

 この日の夜は民主派団体「民間人権陣線」が抗議集会を開催し、1万人(警察発表)の市民が参加。大阪市で28~29日に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議の期間中に香港の問題を議論するよう求めた。集会の後、一部の若者が警察本部に移動。26日午後11時(日本時間27日午前0時)現在、包囲が続いている。

 これとは別に、SNS上の呼び…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら