写真・図版

[PR]

 2018年度の国の一般会計の税収が60・4兆円となり、バブル期末期の1990年度を28年ぶりに上回って過去最高額を更新することがわかった。世界経済の好調で株式の配当収入が増え、所得税収を押し上げた。財務省が7月上旬に発表する。

 財務省は18年度の税収額について、昨年12月時点で59・9兆円を見込んでいたが、この時よりもさらに0・5兆円上積みし、過去最高だった90年度の60・1兆円を上回る見通しになった。高水準だった17年度の58・8兆円と比べても1・6兆円の増収となる。

 税収の中で最も大きい割合を占める所得税は、世界経済が堅調に推移したことで株式の配当収入が増え、補正時に見込んだ19・5兆円よりもさらに4千億円ほど上振れする見通しだ。一方、米中貿易摩擦などの影響を受けて製造業の業績が頭打ちとなったことが原因で、法人税収は伸び悩んだ模様だ。

 政府は10月の消費税率10%…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら