[PR]

 宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」が、中国で大ヒットしている。中国メディアによると、21日の上映開始から4日で、興行収入が2・1億元(32・7億円)を突破した。日本では2001年に公開されたが、中国本土ではこれまで映画館での正式上映はされていなかった。

 中国語の題名は「千与千尋」。北京や上海など、中国各地の映画館で上映されている。

 北京紙「新京報」などによると、初日の興行収入は約5400万元(約8億4200万円)で、同じ日に上映が始まった米ウォルト・ディズニーのアニメ映画「トイ・ストーリー4」の約3倍を記録。24日までに2・1億元を突破した。

 中国でもスタジオジブリの作品の人気は高いが、中国本土での正式上映は18年12月の「となりのトトロ」が初めてだった。「千と千尋の神隠し」はジブリ作品の中でも特に人気で、中国ではこれまで多くの人がDVDなどで鑑賞し、無断で複製した海賊版も広く出回っていた。

 公開開始から18年経った作品…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら